羽村動物公園レポート



この度、羽村動物公園へ行きました。
その時の、ラクダ訪問レポートです。

訪問日:2006/1/29
レポート 報告者 :管理人


下の中央辺りが入り口で、ルーシーちゃんは右奥のキリンの横にいます。
イラストマップの中のラクダもきちんと可愛い。
歩き進むとルーシーちゃんの看板を発見。"Dromedary"ではなく"Doromedary"と書かれていました。英語で書いてるつもりなら間違いですね。
これは少々怖い看板ですね。せっかく会いに行っても小屋に入ったままでは、会うことができません。冬場は注意ですね。夏場に「ラクダは暑がりなので、小屋の中の日陰にいます」なんて看板が出ないことを祈ります。
ルーシーちゃんとご対面。大きさは、ミドルクラスの下の方という印象でした。小さくもないし、大きくもないですね。
機嫌よく反芻しています。
名前を呼ぶと、ちらっとこちらを見たり、動いたりしました。ヤードはかなり狭いですが、上手く動いてくれれば、ラクダを横からだけでなく、正面からも見えます。
この柵くらいまでは近寄りたいと思いました。そうすれば触ることも出来ますし。

 

感想:

ラクダのヤードの前には小川が流れていて、
通路からラクダまでの距離は決して近くない。
でも、ルーシーちゃんは名前を呼んであげると
わずかでも、振り向いたり反応してくれたりして、
なかなかサービス精神のあるラクダと感じた。
ヒトコブラクダのいる動物園は限られているので、
それだけでも貴重な動物園だと思う。



「ラクダに会おう」


TOP